【PR】獣医師が推薦するドッグフード「カナガン」。
食べやすい・食いつきがよい・安心(安全)の総合栄養食
▼▼▼▼



カナガンの悪評を知り、対策をしよう

カナガンの評価について

カナガンというドッグフードがありますが、これの評価は比較的良い物が多くはあります。しかし、完全に悪評がないかというとそうではないので注意です。
悪評によっては、ペットに合わないなどの原因で悪評が出ていることが多くあります。どのようなペットにも合うような物は現状ありません。ですから、そのようなペットに合わないというのがカナガンにもありますので、よく考えて利用するようにしてください。特に、カナガンのデメリットについてしっかりと理解していないと本当に良くないドッグフードになるので注意です。

カナガンの悪評が出ている原因

カナガンにも悪評がありますが、その原因の幾つかにカナガン注意点がありますので注意です。まず、カナガンはチキンを使用しています。とても良いチキンを使用しているので、ペットにとっては良いです。しかし、チキンを使用しているということはチキンアレルギーのペットには適さないです。
チキンアレルギーのペットにカナガンを与えると、吐き気や場合によってはかなり体を壊すことになります。運が悪いと死亡することもありますので注意しましょう。ですから、自分のペットがチキンアレルギーではないかを確認しましょう。
次に、高タンパク質と高脂質がある点です。これらは必要なものではありますが、十分獲得しているペットによっては多すぎます。肥満の原因や血流を悪くするなどの問題が出てくることがありますので注意しましょう。ただし、カナガンが必ず太る原因というわけではないので注意です。

 

カナガンの使用上を注意することで使える

上記のように良くないことがカナガンで発生することがあります。しかし、すべてのペットに発生するわけではないし、問題なく利用することが出来る場合もあるでしょう。その場合はカナガンを使用して生活をすると良いです。
ただし、カナガンを使用する場合は様々な想定をするようにしましょう。場合によってはすぐに動物病院で治療を受けられるようにしてください。これはカナガンを使っているかというわけではないですが、そのようなしっかりとしたところが一件知っているだけでかなり良いでしょう。

 

 

穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由とは?

穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由についてご紹介します。穀物と言うと一般的にはトウモロコシ、大麦、米など人間にとってポピュラーな感じがしてドッグフードに含まれていても特に問題ないように思えます。ですが、犬にとって穀物は一切必要としない栄養素だったんです。では、ここからは穀物不使用をおすすめする理由について詳しくお伝えしていきます。

 

穀物不使用をおすすめする理由(その1)

 

・犬は穀物を分解・吸収することができない
犬ははるか昔の祖先に当たるオオカミの時代から”肉”を主食としてきており穀物は一切食べてきていません。また、現在の犬の体の仕組みは祖先のオオカミと変わっていないと分かっています。つまり、穀物は口から排便までの過程で広く働きかける消化器官は正常に分解・吸収の機能を持ち合わせていないということです。

 

穀物不使用をおすすめする理由(その2)

 

・穀物が与える体への影響
穀物の栄養素は炭水化物として広く知られているので勉強熱心なあなたもご存知だと思います。なので、炭水化物は犬にとってはごく少量だけ取り込めばで十分なんです。その炭水化物を穀物によって大量に取り入れてしまうと主に以下の3つの悪影響をもたらします。

 

  1. 穀物を長い時間を掛けて分解しようとするので胃やすい臓などの臓器に大きな負担が掛かる。
  2. 炭水化物はブドウ糖に変化して血糖値を上げたり不安定にさせる。
  3. 分解・吸収しきれなかった炭水化物は脂肪や老廃物となって体中を巡らせる。

 

また、これらの悪影響は下記の症状や病気を引き起こしやすくします。

 

  • 消化器官(胃、小腸、大腸、すい臓など)の異常
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 低血糖症
  • 便の肥大
  • 涙やけ

 

などその症状、病気は様々です。
なお、炭水化物の栄養素は一切要らないというわけではありません。炭水化物は肉に含まれる脂質によって取り入れることができるので品質の良い肉が含まれるドッグフードを選ぶだけで必要量は十分に満たすことができます。

 

穀物不使用をおすすめする理由(その3)

現在一般に広く販売されているほとんどのドッグフードには穀物が大量に含まれています。というのも穀物は安い割にカロリーが豊富だし日本で定めるペットの栄養基準を満たすことができるからです。前途の「穀物不使用をおすすめする理由(その1)」でもお伝えしたとおり犬の体が本能的に求めているのはお肉です。なので、穀物が大量に含まれている格安のドッグフードを永続的に与え続けるのは控えあげてくださいね。穀物は犬の体にとって様々な病気を発症させるので愛犬のためにもよろしくお願いします。

 

最適なドッグフードを与えてあげましょう

最適なドッグフードの条件はタイトルに含まれているとおり「穀物不使用」のフードを選ぶとわんちゃんは健康体になれます。もうひとつ上げるならば”総合栄養食”と明記されているフードを選んであげるとなお心強いです。総合栄養食のドッグフードは全犬種と全ライフステージに対応している総称のことを言います。総合栄養食のドッグフードは栄養バランスが優れているということを意味しているのでひとつの参考材料としてパッケージを確認してみてください。

 

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 



姉妹サイト情報

カナガンならお試しで!|毛並の改善でも評判のドッグフード
http://www.i-am-oscar.com/

 

毛並み改善やワンちゃんの健康にお悩みであれば、ぜひ一度カナガンをお試しください。定期購入やまとめ買いなどでもお得ですが、初めての方向けの「お試し」購入が出来るカナガンは、取り組みやすくておすすめです。今のごはんでおウチのワンちゃんが満足していない・食べない・健康状態に違和感があるなど、感じたら、ぜひカナガンをチェックしてみてくださいね。